So-net無料ブログ作成
検索選択

ツールドひたちなか 2010 [レース]

2010年11月27日(土)。
本年の最終戦、ツールドひたちなか。ありそうであんまりないカテゴリの小径ロードレースに参戦してまいりました。

小径って、エンデューロでは時々クラスが設定されてますが、ロードレースはほとんど見かけません。ロードレースとしての選手層のレベルが想像つかないので、展開がどうなるやらこれまた想像つかなかったのですが。。。

ツールドひたちなかは今年からこんなコースなんだそうで、ただの公道レースではなく高速道路(正確には自動車専用道路)まで封鎖してコースの一部に組み込まれています。1周9.7km、この気持ちよい高速道路と、海沿いのいやらしい強い風と、そしてゴール前の長い長い長い長い直線が印象的ななかなか面白いコースでございました。

どういう展開になるのかテンで想像がつかなかった小径クラスですが、直前になってフラットバークラスと混走になることがわかりました。これで更に展開がどうなるのか、まったく想像がつかなくなりました。

スタート前。
DSC09856-1.jpg

ゴール後。
DSC09876.jpg

速報流れちゃった(流しちゃった)ので今更アレですが、結果はwaki主将とワンツーフィニッシュ。嬉しいけど、ちょっとだけ悔しい銀メダルでした。

スタートはJCRCなんかと同じようにバイクの先導でローリングスタート。お互いがお互いどんなだかよくわからないのでけん制しながら進みます。バイクが離れていよいよスタート。フラバの方達が一気にスピードを上げたので、それに乗るべしと主将と二人でついていきます。スタートして2kmほど。海沿いでフラバの人が一人逃げ、追走で小径は私と主将、フラバの人4人くらい。これで逃げの追走集団が決まってしまい、そのあとは完全にちぎれてしまいました。ということで、スタートしたとたんに小径は2位までほぼ確定。

いや、ただ、だからといって手を抜けなかった今回。
逃げの一人が早い早い。これを追うべく追走集団でローテーション回していきます。実はフラバと一緒なら「前牽いてもらえるなー」と思ってたりもしたのですが、6人ほどの集団だったので結構前を牽かされました。
しかし、追っても追っても逃げに追いつかない。2週目(最終周)の海沿いの風のキツイ区間、waki主将が全部鬼牽き。こりゃさすがの主将も垂れるだろうと思ったら、そんなわけはないのが我が主将。私は牽いてもらっていた身だというのに、最後の直線で結局ちぎられました。。。
後から白状しますが、トップギアは主将のバイクより私の方があるので、ゴール手前まで牽いて貰って、最後にスプリント勝負に持ち込んで、姑息にスカッと抜き去るという作戦を思い描いていたのですが、脆くも潰えました。
今年一番頑張ったゴールだと思うのですが、実力の違いをまざまざと思い知らされましたです。

まあでも、銀メダルといえども主将と二人のワンツーですから、ホント嬉しいです。
今年の最終戦を華々しく完了できました。

今年のリザルト。
・春のもてぎ 3Hエンデューロ(オープンソロ) 3位。
・JCRC ひたちなか 7位。
・夏のつくば12耐 (車種混成男女混合) 優勝。
・JCRC 西湖 14位。
・ツールドひたちなか(小径) 2位。

5戦中3回表彰台。 :-)
ん?表彰台は小径ばっかりだ。。。

来年もがんばろう。
コメント(12) 

至極個人的祝勝会 [レース]

DSC_5024.jpg
何はともあれ、お祝いしないとね♪
コメント(0) 

2010全日本10時間耐久サイクリングinつくば [レース]

2010年8月8日。この暑い中、筑波サーキットで開催された”2010全日本10時間耐久サイクリングinつくば”に出場してまいりました。

DSC08952-1.jpg

うみたての~♪ た~ま~ご~♪

チーム「BEXソースカツ丼(総長さま、mayさま、加害者K氏、カツオくん、そして私)」は、男女混合車種混合クラスにて 優 勝 いたしました。パチパチパチ。

~~~

去年は夜22時スタート~翌朝10時ゴールの夜の12耐だったこのレース、サーキット側から深夜の緊急対応ができないからと朝9時スタート~19時ゴールの昼間の開催に変更されてしまったそう。この恐ろしく暑い時期に真昼間開催の方が余程危険な気がしてなりませんでしたが。。。

朝9時スタートになってしまったお陰で、駐車場オープンは早朝5時。お陰で3時集合。ということは2時起床。

早朝からジリジリ照り付ける太陽。言いたかないけど、やっぱり暑い。
DSC08897.jpg

私は満を持して、カーボン小径号で出場。そうですよ、筑波で勝つためにこの小径組んだんですよ。
201000808筑波10耐-1.jpg

レースは春の8耐と比べると出場チーム数が少ないせいか集団が出来にくい感じ。ピットから見てても、大きな集団が通り過ぎると、ひとり旅の人がぽつりぽつりと通りすぎるだけでしばらく集団が来なかったりして。列車を乗り逃がすと大変です。

小径号、4月のもてぎではギアが足りなくて下り坂で集団からちぎれておいていかれる展開でしたが、今回はアップダウンのほとんどない筑波のコース。一度特急列車に乗車できれば、あとは体力と気力の続く限りちぎれることなく集団で走ることができました。
ただまあ小径の宿命、やっぱり漕ぎ続けていないとすぐスピード落ちちゃうのはサーキットでも変わらないので、集団の中でもとても疲れるのですけれども。

午後からは雲が出てきて太陽が遮られ、幾分楽になりました。

そして長い長い10時間。
DSC08913.jpg
終わってみれば、短い10時間。

順位チャート.jpg
見事に2位に4Lap差をつけてクラス優勝。

DSC08941.jpg
総合でも10位。

筑波表彰台20100808.jpg
表彰台の一番高い真ん中は、気持ちいいものです。

で、当然金メダルをもらえると思っていたら。
今年は盾だけなんですって。これはかなりガッカリ。
あとから表彰状は郵送してくるとのことでしたが。。。

金メダル、欲しかったなぁ。。。


というわけで、今年はこれで表彰台2回目。
もう一回くらい表彰台に登りたいな。


コメント(11) 

JCRCひたちなか 2010 [レース]

6月27日。JCRCひたちなか
去年はちびぞうの誕生と相前後したため参加できませんでしたので、二年ぶりの参加です。

しかし、春あたりから私的に色々あったお陰で、朝練以外ではほぼ全く乗れておらず、完全なる練習不足(言い訳にすぎませんが)。今回は勝負に絡める気が全くしない、寧ろ集団から千切れてしまうのではないかとすら思えるので、それならば序盤で展開を掻き乱すだけ掻き乱して消えていこうと目論んでいたのでありました。

という訳で、前泊で現地へ向かったのですが、レースなど気にせず飽食の旅です。

DSC08542.jpg
なんか、すごいですよ。ラーメンなのに、山盛りです。
ニンニクとタマネギとモヤシと肉とギトギトの脂。麺が全く見えません。

DSC08545.jpg
なんとかしてモヤシ山から麺を掘り出すと、茹で足りないうどんみたいな麺が出てきました。
看板にボキボキの麺と表現してあったのは、このことか。

強烈ギトギト系のラーメンだったので、さっぱりしたものが欲しくなりました。
DSC08549.jpg
パフェで乾杯!

〜〜〜〜

閑話休題。

明けて翌日。コンディションは雨です。
レースはTTTとロードレースに参加。時間割の関係でTTTが終わってからロードレースのスタートまでが30分程しかありません。

TTTは雨のなか、一周2キロのオーバルコースを5周。ロードレースのアップに使うくらいのつもりでしたが、始まってしまえば、出力全開。心肺も辛いけれど、頭まで痛くなってきました。最後の1周は千切れそうになりながらもなんとかしがみついてゴール。
結果、14位くらい? 出場が30チーム程でしたので、まんなかくらい。ううむ。

と、結果を分析しているヒマもなく、TTバーを自転車から外してロードレースです。
実はもうTTTでヘロヘロ。練習不足とはこういうことなのですね。ロードレースはDNSでもいいかなとさえ一瞬思ったりして。でもまあここまで来たのだからと、何となくスタートラインに並んでしまいました。
今日の作戦はTTTで体が暖まっているのを活かして、スタートでいきなりスプリントをかけて後続を振るい落そうという魂胆。しかしスタートしてみれば、自分ももう使い果たしてしまっていたもので、ドカンと飛び出す事もできず、先頭集団中程に付けるといういつもの展開に。
何度か先頭に出て引っ掻き回そうかと企んでみますが、先頭に出た途端、引っ掻き回す前に自分が垂れてしまいそうなので断念。体力の低下をここでも感じることに。
ふつーに集団の中で周回を重ね、最終周、大外に付けていたカーブの途中でドロか落ち葉に乗ったのか前輪がズスッとスリップ。後ろから「オワワッ!」という悲鳴が聞こえ、あ、もうダメか、と覚悟したものの、なんとか持ちこたえました。
しかし、それからコーナーが一気に怖くなり、突っ込めなくなるあり様。
最終、直線のあとのヘアピンコーナー、先頭のほぼ後ろくらいでコーナーに入ったものの、怖くて減速し過ぎて、コーナー立ち上がりで前に数人。5人?6人? 確認できないまま最後のストレートの下り坂、追いつけ追い越せと死ぬ気で踏みますが、もう限界、そのままゴール。
前の人数を数えると6人。惜しくも入賞ならず。

これだけ練習してなくて7位なら善戦とも言えますが、あー、でも悔しいなぁ。もうひと頑張り出来れば勝てた気がする…。

練習します。練習して、万年Eクラスから早く卒業します。

コメント(11) 

2010 TOJ 東京ステージ [レース]

5月23日(日)、ツアーオブジャパン東京ステージの市民レース@大井埠頭でございました。

3年連続雨ですよ。もう。
6時にいつもの場所に集合したときはまだどんより曇り空。天気予報は昼前頃から雨の予報。レースが終わるまで持ってくれないかなー、と思っていたのですが、大井の会場の駐車場に着いたらポツポツ降ってきました。

100523.jpg

あとはもう雨脚が強くなりばかり。
レースが始まる頃は、路面に水溜りもできてすっかり本降り。

さてまあレースはというと、特筆すべきこと無し。
完全に練習不足だったので、千切れずに完走できればいいやと思っていたら、本当にそのとおりになってしまいました。トホホ。

ま、雨で落車なく怪我なく終われただけでよしとしよう。



それはそうと、今日、13回目の結婚記念日だったんですよ。

これまで過去12回忘れてたことなんて一度もなかったのですが、今回、初めて、前日の昨日まですーっかり忘れてました。「結婚記念日忘れてて妻の機嫌を損ねた」なんて話を聞いて、「そんな、結婚記念日を忘れるわけないじゃん」とこれまで思っていたのですが、そんな自分がすっかり忘れていたのがとてもショック
ま、娘の入院とかなんとかあって精神的に疲弊していたのも原因かなと思ったりもするのですが。。。


コメント(8) 

CYCLE MODE ECO CLASSIC 2010 [レース]

4月11日 。ツインリンクもてぎで開催された CYSLE MODE ECO CLASSIC の3時間サーキットエンデューロに小径車で出場いたしました。

いろいろ事件があったのですが、とりあえず。
DSC08022.jpg

オープン・ソロの部で第3位。

今年の初レースで早速表彰台!と、喜んだのですが、折からの雨で表彰式中止。
表彰状と副賞のTシャツだけもらってきました。

もう眠くて倒れそうなので、とりあえず今日はここまで。


ん? 表彰状に書いてある種目名が間違ってる。。。 orz

----

一夜明けて、また夜になっちゃったけど詳細追記です。

もてぎのサイクルモードはいろんな種目が設定されていて、出場種目を選ぶのにも迷いましたが、実際の運営も非常にスムースでストレスなく、良いイベントでした。

そんなこんなで私も出ようかどうしようか迷った朝一番のロードレース。迷った末、私はやめたのですが、ニャロメ氏がAクラス15周に出場。詳細は本人のレポートに任せますが。。。

もてぎ名物の長い長い登り坂の先頭を牽くも、
DSC07998.jpg
残り2周で落車したとのこと。
エロイ号は仏になりました。
DSC08012.jpg

サイクルモードだけあって試乗会も充実しています。
出展各社のトップモデルも待たずに乗れる贅沢さ加減。試乗コースもサーキット脇の登り下りある4kmをじっくり乗れます。
っつーわけで、どぐーま60.1に試乗。
DSC07993.jpg
すごいです、これ。スーパーレコードにコスカボSLRという組み合わせでしたが、驚異、いや脅威の軽さ。持って、ではなく乗ってこれほど軽さを感じるバイクは初めてでした。なんというか語彙が貧弱で表現できませんが、キレがすごい。一気に欲しくなってしまいました。

そんなこんなして楽しんでいるうちに午後になり、エントリーしている3時間エンデューロのスタートになりました。
私のエントリーしたクラスはオープン・ソロ=ロード以外のソロ。満を持して、小径号での出場です。

3時間、富士チャレの半分くらいか、ま、ほどほどに楽かななどと思いつつ、入賞を狙って最前列でスタート。先頭集団に乗っかってうしろの方でついていけば、小径カテゴリーなら入賞できるだろうという作戦です。
ローリングスタートでしばらくはバイクの先導で進みますが、バイクが離れると一気に加速します。今中大介さんほか招待選手の牽く先頭集団は、当然ながら結構速い。先頭集団に引っ張っていってもらうつもりが、下りでギアが足りなくなって離されていきます。20インチじゃ60x11でもやっぱり足りなかった。離されたあとの平坦区間でももはや追いつけず、1周もたずにちぎれてしまいました。
トホホ。

その後、同じように先頭からちぎれた人たちでやがて後続集団が作られ、それに乗って周回を重ねます。
47536625_1229953414.jpg
p1030597.jpg
その後だんだんと風が強くなり、ホームストレートで向かい風。一人で走っていると20km/h台前半までスピードが落ちてしまいます。なるべく集団を作って走るようにしますが、ペースの合った集団が出来たと思っても、長い登り坂で毎周回バラバラになってしまい、気付くと一人旅状態。
しかし、入賞を狙う私、チェックは怠りません。先頭でスタートしてここまで「ロード以外」には抜かれていないはず。このまま行けば1位??ムヒヒ…。

残り1時間ほどで雨が降り出し、結構な降り加減に。落車したのか救急車も出動しています。ここでコケたら台無しと慎重に行きます。
そして、3時間。クラス1位を疑わずにゴール。

よっしゃー、何位?何位?と確認してみると、3位。
んー、おかしい。なぜー???
でも、1位とは2Lap差、2位とも1Lap差をつけられていたらしい。おかしい、抜かれた記憶はないのに。。。と冷静に考えてみると、ディープを履いたフラットバーのロード(トレックのマークのついたカーボンフレームだった気がする…)を見かけた覚えが。「オープン=ロード以外」は小径だけじゃないのでした。きっと追い抜いていった速い集団の中にそんな方がいらしたのでしょうね。トホホホホ。

でも3位入賞! 表彰台表彰台! と思ったら、表彰式は雨で中止だそう。。。
トホホホホホホ。何よりも「表彰台に立つ」ということが栄誉なのに。。。

とは言え仕方ないので、事務局のお姉さんから表彰状をいただき、
47536625_2852071269.jpg
勝手に表彰台に上がって記念撮影。
p1020852.jpg

今シーズン初レースで早速入賞。今年も幸先の良いスタートになりました。


写真のうち何枚かはK氏に提供いただきました。ありがとうございます。
コメント(13) 

特別番組 [レース]

あー、西湖のときにいたテレビカメラは、これですか。
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/campaign/tokuban/index.html

バイクカメラまで出てましたからねぇ。

11/23 16;00-、とりあえず録画予約しときました。
いろんな意味でちょっと楽しみ。


コメント(2) 

JCRC西湖 2009 [レース]

11月8日。ツールドジャパン第5戦西湖stage兼JCRC11戦に今年も参戦してきました。

と、記事を書きたいところですが、今日はもう疲れました。
でも明日から3日間出張なので書けそうにありません。
不可抗力により、今回も丸投げさせていただきます。

敏腕カメラマンのページとか、ニャーニャーなページベロベロなページ食い倒れT郎のページなどが充実しておりますので、そちらをご覧ください。

私の結果?
決して先頭を牽かない、仕事しない、でも常に前にいる、という作戦を遂行。ラスト1kmの蝙蝠穴でスプリント勝負に持ち込むというところまでは完璧に作戦通り。
蝙蝠穴手前で、3番手。ここで先頭に出ちゃまだ早いと、様子を伺っていたら先頭が垂れてきたのを見計らってうしろからアタックをかけてくる人多数。そのうしろにつければよかったものを、タイミングが合わずつけられず、ひとり別ルートでアタックをかけるものの全然最後までもたず、結局二十数人に抜かれてトップと4秒差で25位。蝙蝠穴までは「ムフ、完璧に作戦通り。今日はイケる? 優勝狙える?」なんて思ってたのですが、そんなに甘いもんじゃありませんでした。

練習不足。練習不足。作戦は忠実に実行できていたので全く言い訳できません。

万年Eクラスからちっとも脱却できません。。。

写真が何にもないのも寂しいので二枚。
麺ズ富士山の富士山つけうどん(H)2玉。750円。
DSC07011.jpg

帰り道渋滞を逃れて富士宮に向かう途中の道の富士山。
DSC07083.jpg
遠回りだったけど、すごくいい道でした。



コメント(10) 

2009 富士チャレンジ200 [レース]

10月24日(土)は富士スピードウェイで富士チャレンジ200でした。

一昨年はISOYAさんからチームエンデューロで出場、あの日は一日中よく晴れて富士山もくっきりきれいに見えて、大変楽しいレースでした。
去年は総長のストイックな姿に影響されてソロ200kmに挑戦しようと目論んだものの、のほほんと構えていたらエントリーに出遅れてしまい出場ならず。皆さん盛り上がっている中で参加できない無念さを紛らわせるために、ひとりで食いチャレ200に出かけたりしたのでした。
…、写真を見返したらなんだか久々に行きたくなったな…。

というわけで、今年は申し込み忘れないようにカレンダーに赤丸つけて、エントリー開始日にしっかり申し込み。2年越しでようやく出場を果たしたのでありました。

---

レースの前って、一週間くらい前から当日の天気予報がずっと気になるわけですが、今回は予報は晴れ。前夜の予報でも晴れ。これはいいレース日和になると思って、安心して前夜は9時過ぎに就寝下のでありました。

翌朝、2時に起床。AM2時が朝かどうかは甚だ疑問ではあります。普段なら宵っ張りのちびぞうにつきあってようやく寝る時間です。
車に同乗していくK氏と3時半に待ち合わせ。5時半の開門に合わせて到着するつもりでしたが、深夜の一般道東名とも当然がらがらで、足柄SAでゆっくり寄り道しても5時に富士スピードウェイに着いてしまいました。

6時頃になって空が明るくなってきましたが、空はなにやらどんより曇り空。富士山は見えるもののなんだか盛り上がらない空模様です。でも予報は晴れ!そのうち雲が切れてくるのでしょうと疑わず。

受付を済ませて、ピットで朝ごはん食べたり、試走したりといろいろ準備をしていると、やがてスタートの9時。
しかしいまだ曇り空。肌寒いのでアームウォーマーをしたままスタートしました。

35km/hくらいのペースで淡々と行こうと事前に思っていたのですが、スタートしてみればやっぱりレースで気分が高揚するのか想定よりかなり早いペースで周回してしまいます。はじめの10週ほどはAve.39km/h近く。これで最後まで持つのかとちょっと心配になりましたが、心配どおりそんなペースは続きませんでした。
特に、下りはともかく、100kmを過ぎた頃からは登り坂で踏めなくなり、登りに差し掛かるたびに大きくペースダウン。いい集団に乗っていても、毎回登りで千切れてしまうという繰り返しになってしまいました。

130kmくらいで時間的に完走は堅いのが見えたので、一度ピットインして10分ほど休憩。ちょっと休みすぎて体が冷えてしまいましたが、あとはそのままゴールまで。

サイコンの距離計で見てあと1周!と最終周はスパートをかけて、5時間58分でゴール。 もしも周回が足りないとやだなと思ってもう1周流して走って終了。と、リザルトを見てみたら 5時間49分でゴールしてました。1周間違えてたみたい。結局46周してしまいました。

---

天気もよくなかったし、レース中はもちろん自分で写真撮れないので、ろくな写真がありませんでしたので文字ばっかりの記事になってしまいました。
これだけじゃなんなので、帰り道での夕食。
DSC00038.jpg
246の寄のあたりのみやこ食堂、「赤いマリネ」定食。豚肉のから揚げのマリネでした。腹いっぱいごちそうさま。

---

さて、とりあえずの目標の6時間切りは達成したので、…。ムフフ。


コメント(14) 

補給食 [レース]

明日は早く寝たいので、今日のうちに補給食を仕入れてきました。
これだけあれば200km持つでしょう。
DSC03206.jpg

ん! しまった! 背中のポケットに入りきらない!!


コメント(7) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。